【100万円チャレンジ第7週目】利益は出たが・・・やっちゃいました(笑)

【100万円チャレンジ第7週目】利益は出たが・・・やっちゃいました(笑)

今週もやって参りました、100万円チャレンジの時間です。第7週かな? 7週ですね。

この企画は、FX口座に100万円を入れて、これをトレードでどこまで増やしていくことが出来るか? という、チャレンジをする企画です。

 

ここまで見てきていただいた方はご存知だと思うんですが、なかなか波乱の展開というか、ジェットコースターのような展開ですよね。

まずスタートから1ヶ月で20%以上、一気にドローダウンが出ました。

その後…まあ先週に当たるんですけれども、1週間で9%を戻して、今週を迎えた、という感じなんですけど、先週の勝ちがこの後の巻き返しの呼び水になっているのか、それとも、これがただのまぐれで、またお金を減らしていく1週間になったのか…そういったことを皆さんにこれから報告していきたいと思います。

 

それから、結果と併せて、「トレードの内容がどんなものだったのか」というのも、このモニターを使って解説していきたいと思いますので、ここから先は一緒に画面を見ていきましょう。それでは、付いてきてください。

それではチャレンジ第7週の履歴を見ていこうと思います。こんな感じになりました。

ジャン!
「+70,211円」という結果になっています。

今週1週間は4回エントリーをしました。通貨ペアを3つ扱ったんですけど、一応負けは無しですね。無しなんですけど、いろいろ過大の残る1週間にはなったと思います。

その辺のことも含めて、これから今、話をしていこうと思うんですけど…1つずつ見ていきますか。

【初】豪ドル円のペアでロングエントリー

1つ目が、この企画では初登場かな? オージードルと円のペア…豪ドル円のペアでのロングエントリーになりました。

豪ドル円、日足から見ていきますかね、日足です。

結構ドル円と形が似ています。ドル円と形が似たこの日足なんですけど、大きくは下落のトレンドの中で、ドル円と同じくこの辺りの水平線、バウンドを見せていますね。

 

やっぱりちょっと持ち合いっぽい動きを見せた後に、1度大きな上昇を見せています。その後この辺の抵抗帯に叩かれる形で、一旦落とされているんですが、この水準ですね、ここに元々レジスタンスがあるってこともあるんですが、あとフィボナッチリトレースメントなんかを引くと、ここは確か618の水準にあるのかな?

そういった、いろんな複合的な要素が絡む、この買いのポイントで、一旦バウンドをしている…というような動きを見せているわけですね。

これが日足の動きです。日足というか、まあ4時間足も含めたそんな感じの動きなんですけど…。

 

4時間足を見ていっても、10月7日00時っていうのが今週が始まったところなんですけど、この辺りの…まあ持ち合いになっていますけれど、そもそもここで跳ね始めている水準というのが、先程見た通り、4時間足レベルのこういった、元々レジスタンスだった水準というところでバウンドを見せている。

いわゆるレジサポ転換みたいなものがきっかけとなって、一旦ここでモタついている…というところで今週が始まったわけですね。これが4時間足ですね。

 

まあ日足で見ても、4時間足で見ても、同じようなところが見てとれる、っていうことなんですけれども。まあそういう感じで始まっていますよ…という感じです。

そんな中で、僕自身はこの豪ドル円のペアの中で、ロングエントリーを取っていったわけですけれども、週の始まりが…これ1時間足ですけれども、これが週の始まりの縦線です。

次のこの縦線というのが僕がエントリーしたところなんですけど、ここでロングエントリーをした後に、このローソク足、最後の…一番右にあるこの縦線のところで決済をしたわけですが…。

 

これ、利確をし損なって戻ってきちゃっているところで撤退をしている、というような動きになっちゃっていますね。

これ、1時間足で見て利益確定をしようとした水準というのが、ここの水平線になるんですね。

ここに僕は指値を入れていたわけなんですが、これはなぜかというと、この辺りの高値、それからこういったところの元々サポートだったところですね。

サポート、サポート、この辺りサポートがあってサポートがあって、この辺りでレジスタンスになって下落が始まって…っていうところがあるので、そういったところに水平線を引いて、ここでロングエントリーをして、「ここまで伸びる」っていうことを想定して、利益確定の指値を入れていたんですが…。

 

まあ丁寧にチャートを見ていけば、途中途中、結構節目がありますよね。まずはこういったところですよね。ここ。

まずは…っていう、ここがやっぱり利益確定のポイントとしては最適だったのかな、という感じがするんですけど、結果的にここだったりとか、もうちょっと上の、この辺りのグチャグチャしている…僕はこのレジスタンスのところに注目したわけですけれども、その前に見せているこのサポートのところとかね、こういったところが高値として、結局僕がポジションを持ってから決済するまでの間での一番高値はそういったところになっていたので、これ、端的に言えばちょっと欲張り過ぎかな、うん。

そういったところで、利益確定し損なって、負けて…負けてはいないですけど、10pipsしか取れなかったということですね。そんなトレードになってしまいました。

エントリーに関する反省点は?

あと、エントリーも、ちょっと高値でしたよね。見ていこうかなと思うんですけど…。

この縦線でエントリーしました。これ、5分足のチャートですけれども、5分足の、この水平線とこの2σブレイクと…ってことで、ここでロングエントリーしましたけど、遅いですね、これは。遅過ぎる。

これ、利益確定のミスっていうのもあるんですけど、エントリーもあまり良くないですね、遅いです。

結局、ポジションを持ってから含み益になるまでにかなり時間を要していますので、エントリーもあまり良くなかったかな、という風には思っています。

 

こういったポイント、…これ結構重要な水平線と2σのブレイクを同時に満たしたところで入る、というのが僕のトリガーとしていつもやっていることですけど、そういったシグナルってここ以前にも何度も出ているんですよね。ここだったりとか、ここだったりとか。

だから、もう入るんだったらこういうところでちゃんと入っておくべきだった、っていうことですよね。

こことここで何か入れずにいて、最後ここでジャンピングキャッチして…っていうような入り方になってしまっているので、まあ半端ですよね。

まあ、あるいはもうちょっと後まで待つとかね。

とにかく、これ、ローソク足もう伸び切っちゃっているような形の中でのロングエントリーですので、これはあまりタイミングの取り方も良くなかったですね。

決済に関してもエントリーに関しても、課題の残るようなトレードになった、というのが1つ目のエントリーです。

ユーロドルでのエントリー

2つ目はユーロドルですね。

今週、僕、初めてYouTubeの方でライブトレードを配信させてもらったんですけれども、なかなかトラブルが沢山出る…来ていただいた方には申し訳無かったな、と思うんですけど…まあそんな、不慣れながらもちょっとライブやらせてもらいました。

結構沢山の方に見に来ていただいて、凄く嬉しかったです。

また何かちょくちょくやろうと思いますので、是非参加してもらいたいなと思います。

この前来てもらった人、本当にありがとうございました。

 

…その中でユーロドルのチャートについては結構解説したはしたので、詳しくはそっちを見てもらいたいな、という感じなんですけど、簡単にこのエントリーについて…このトレードについても簡単に振り返っておくと、ユーロドルに関しては、「水平線が上側に沢山ありますよね」って話をライブでもさせてもらいました。

 

日足なんかで見ると、まずユーロドルは、水平線もそうなんですが、「平均線に絡まって落ちていますよね」っていうのを先週にも話をしています。

20SMAですね、この赤い線は。ここに、結構、叩かれては落ちて、叩かれては落ちて、絡まっては落ちて…っていうことを繰り返していたわけですが、今週に関しても、最初この20SMAの際で始まっているわけですよね、相場が。

で、ずっとやっぱり20SMAを抜けよう抜けようと思いつつも叩かれて叩かれて…っていうことを繰り返していたわけです。

 

そんなことをする中で、ここ、さっき20SMAが…これ4時間足ですけどね、日足レベルで「20SMAとローソク足が絡まって絡まって落とされて」って言った箇所があるんですが、こういったところで、やっぱり重要な水平線というのが「網の目」って言うんですかね、何だろう、まあほぼ等間隔ですよね。ほぼ等間隔で、重要な抵抗帯が沢山生まれているわけですね。

その抵抗帯の一番下に当たるこの線が、やはり今週キーになった線なんですよね。

ここを抜けられない限り、結構ロングでその後の上昇は望めないような感じ…と自分で言いつつも、何と僕はここの辺りでロングエントリーを取っているわけですよね。

「あえてここ、リスクを取っていくべきところだったのか?」って言われると、「別に取らなくても良かったのかな?」というのが正直なところです。

取った結果、結局この一番下の抵抗帯の手前で落とされ始めたので、あえなく撤退…この辺りに撤退して。

危うくこれだけの幅、損失喰らうところだったので、ここは見送るべきポイントですよね。

エントリーのトリガーの話とかもしても良いんですけど、そもそも…そもそもここでロングを狙っていることがおかしかったな、というのがこのトレードに対する評価として、それで十分じゃないかな…という気がしています。

 

やっぱり、先程水平線の話をしましたけれども、こういったところの、凄い混み合っていますけれどね、こういった中で発生しているレジスタンス、それからサポートの、転換してるようなところは、一見順調に見えるようなこの上昇の中でも、結構重要な抵抗帯になっていますので、こういったところは引き続き注視していきたいところではあります。

こういう線って、「抜けたら終わり」ではなくて、今度は上から下に降りてきた時にはサポートにもなり得る箇所になりますので、これ、ライブ中に引いた線ですけどね、この線は引き続き注目して見てもらいたいところではあります。

あと2つはドル円のポジション

ドル円ですね、あと2つはドル円のポジションだったんですけど、また日足ぐらいから見ていこうかなと思うんですけど…。

順調な下降トレンドが、年初、それから去年の春かな…の辺りのこういったサポートで跳ね上げられて、それから一旦レンジを作るような形を見せた後に、上昇トレンドに入りました。

それから、一旦この辺りの抵抗帯に戻される形で売りが入っているんですけれども、ここ、2回売りが入っていますよね。

そこを売りで落とされた後、今度は、さっきレンジって言ったこの水準で、もう1度支えられるような形、こう「上昇を見せるか?」というような形で、最終黒字になっていました。

 

僕が最初に狙ったポジションが、これ、正にこのポジションを持っている状態で水曜日、ライブやらせてもらったんですけれども、だからエントリーに関しては結構解説したんですよね。

まあ何か、こんな結構重要な節目で跳ね上げられて上がるか…ってところで見ていましたので、とりあえず一旦は上昇で見て、ポジションもロングポジションオンリーを見ながら、「タイミングをどうするか」ってことだけを考えるような、そんな感じでこの相場を見ていました。

 

その中で、15分足を見ていくんですけれども、これライブの中で詳しく説明しているので、改めてそっちでも見てもらいたいんですが、三角持ち合いを見せました。

三角持ち合いからのブレイクと、5分足レベルのブレイクですね。

こっち、今5分足ですけれども、これ、斜め線、先程15分足で見た三角持ち合いの上限のところですね。上側のレジスタンスラインです。

これと、これ…ブレイクするところとボリンジャーバンドの2σを越えたところ、ここでロングエントリーを取ったんですね。

まあ斜め線、そんなに実は重要じゃなかったのかもしれないんですけど、一旦、強く推すような場面も見られながらも、ポジションを握り続けて、上昇していったんですね。

 

ライブ中に、「ここが利益確定のラインです」って言った場所があったんですよね。これ1時間足です。

ポジションを持った場所がこの足だったんですね。ここから、ロングポジションを持ったわけですが、「利益確定の目処としてはここですよ」ってライブ中に線を引いたこの水平線ありますね。

「実際どこまで伸びたか」って話なんですけど、またこれですね。1.4pipsくらい足りなかったのかな…。

まあ、「このラインに届かなかった」ってことはいつものこととしても、この後、大きい指標(発表)が控えていましたよね、「FOMC議事録の発表」…まあ、そういったこともあるので、その手前で1回決済しておくべきでしたよね。

まあここに掛からなかったってことが無かったにしても、「このラインの引き方がどうだったか」っていうこと云々よりも、これ、FOMCのその議事録で落ちているところなんですけど、ここの発表でもってドーンと落ちたところで、この辺りで逆指値、上げていったストップロスに掛かって含み益が吹っ飛んで、プラス9pipsしか残らなかった…っていう終わり方だったんですけど…。

 

僕はFOMCの発表を完全に忘れていまして、実際にその発表が起きた時に、ポジションが無くなっちゃった…ということなんですけど、こういうことは無いようにしたいんですよね。

ここ、ピッタリで利益確定は多分出来なかったと思うんですけど、そういったFOMCが発表されるということを頭に入れていれば、少なくともここまで利益を減らすことは無かったと思うので、そういうしょうもないミスは無くしていきたいな、と思います。

これは大きく反省しているところです。

 

最後のポジションが、これFOMCの下落がありながらも強い戻りを見せて、その後、もう1段上げてくるか…っていうこの辺りですね。

ここ、この足での、ほとんどこのローソク足1本だけ取りに行った感じかな?

こことここか、1時間ちょっとの間、ポジションを持って、ここで入って、ここで抜ける…みたいな感じの決済をしたポジションですけれども、これはいつも通りっていう感じかな?

まあ上昇トレンド始まっていますよね。凄く強い売り…この指標をきっかけにした売りがありながらも、この辺りのサポートを割るような動きにはならず、逆にその下げた水準以上に大きくバウンドするような動きを見せたので、これはまた押し目を待って買っていきたいな、ということで待っていました。

 

これ、1時間足ですけれども、次15分足の中で見ていこうと思うんですけどね、この足ですね。

この辺りで、凄く小さな安値の切り上げがあります。

 

5分足で見た方が分かりやすいかな? 5分足で同じところを見ていこうと思うんですが、この辺りですね、こういったところ…。

入った場所というのがここなんですよね、ここなんですけど…さっき見た通り、大きな流れを上昇と考えつつ、もっと小さなところで見た時に、安値がここで止まっていますね、ここの水準で止まっています。

上昇を見せて、安値の切り上げをここで見せていますよね、ここの安値のところで切り上げを見せています。

その後、直近の、本当に細かく見てこの辺りの高値を越えつつ、ボリンジャーバンドの2σをを越えているこのポイントですね、これの確定を見て次の足…この縦線がある足の次の足でロングエントリーを取った、という、そういうトレードです。

 

まあ一旦、これ指標…これもまた指標なんですけどね、指標あるのちゃんと覚えとけよ、って話なんですけど、これもちょっと忘れてて。しかも見てなくて…。というところで、ちょっと危なかったんですけどね。

ストップは、ちなみにこの下に入れていたので、ギリギリ掛からなかった…っていう感じなんですけど。

 

一方で、利益確定の決済レートとしては、やっぱりこの700ですよね。「この辺りが強そうだな」と思っていたので…。

FOMCがあって、強く戻していって、上昇がまたここで止められて、下げ始めて…っていうこのポイントですね。

これの実態で指値730とかに入れていたんですかね? 730、この辺りに入れていて、手動で692で決済をした…という感じのトレードになりました。

このトレードに関しては、この指標で下ヒゲになっているここのところだけちょっとケチがつきましたけれども、基本的な分析とか、入るタイミングとか、それから決済レートの決め方とかは、割と良い感じだったんじゃないかなと思っています。

 

あと1回、この上昇の中で取っていきたかったですけどね。

先週の終わりに「勝っている時ほどガンガン行った方が良いですよ」って話したんですけど、であれば金曜日もう1回ここで上昇…例えばこの辺りとかね、得意な形が出ていたので、入るべきだったなと思ったりもしますね。

…まあしょうがないですね、入ってないので。はい。

 

こんな感じで「もう1発入れれば良かった」というのはありつつも、とりあえず利益を残して今週終われたので、「まあ良かったかな」って感じです。

メイン口座の状況は?

今週の僕のメイン口座の方も簡単に見ていこうかなと思うんですけど、先週なんかはね、「2回だけ入って、1勝1敗でマイナスでした」なんていう感じで、あまりエントリーしなかったんですけど、今週結構ガンガン行ったんですよね。

僕のシステムにしてはかなりトレードした方かな、って感じです。5回エントリーして4回勝ったんですね。172pipsぐらい値幅を抜きましたね、ドル円だけで。

 

やっぱりこのぐらい…前半結構難しい地合いだったので1発負けていますけど、その後トレンドが出た時に、ガンガン畳みかけるようにエントリーしていった、というところで…こういうところが得意ですよね、僕のシステムは。

「1,869,883円の利益」ということで、かなりご機嫌です。ご機嫌、うん、良い1週間になったんじゃないかな、という感じです。

まあメインはこんな感じですね。

 

だからこそ、裁量はあと1発ぐらいガンとリスクを取っていきたかったんですけど…。

あまりちゃんとチャートを見ていなかった、というのが正直なところですよね。

…まあ言ってもしょうがないですね、来週頑張ります。

 

ということで、今週の解説動画は以上になります。

まとめ

はい、如何だったでしょうか?

とりあえずプラスで終われたんですけれども、ちょっと課題が残る1週間になったかな、っていう感じはしています。

 

まず指標のスケジュール、これはちゃんとチェックしておきましょうね。

まあ、していないのは僕だけかもしれないんですけど、やっぱり大事な指標というのは自分のトレードの優位性と全く関係の無いリスクを取る…っていうことになってしまいますので、そういった自分のトレードと関係無い要因で無用な損失を出さないためにも、指標のチェックというのはしておいた方が良いと思います。…と、僕自身に言っています。

 

それから、今週、どちらかと言うと前半がトレードしづらくて、後半がトレードのしやすい地合い…僕の場合はですよ。

つまり、前半がレンジ相場であって、後半がその後大きなトレンドを形成するような相場になったんですけど、どちらかと言うと今週、僕はやりづらいと思われるこのレンジの中で、割とチマチマとトレード、ポジションを取り、一方でその後、イージーゲームになっているトレンド相場の中でのエントリー回数が少なくなってしまいました。

 

特に、金曜日はシグナルが出ていたんですよね。トリガーがあったんです。あったにも関わらず、取れなかったというのが、凄く惜しい部分だったな…と思います。

ああいったところで集中してちゃんとチャートを見ていれば良かったんですけど、ちょっと別のことをやったりしていて、チャートをウォッチしていなかったという…そこはちょっと悔やまれるところではあるんですけど。

 

まあいずれにしても、口座のお金を今週も増やすことが出来て、来週もまたトレードを続けることが出来ます。

2週連続で勝ったのは、この企画の中で何と初めてだと思います、初めてですね。…信じられないですけどね。

そんな感じの展開で来ていますけれども、来週・再来週と、このようにとりあえずプラス・プラスと積み重ねていくことが出来れば良いなと思っています。

まあ実際にどうなるかというのはまた来週にならないと分からないので、その辺のところもまた来週報告していきます。是非楽しみにしていてください。

 

ということで、今回の動画は以上になります。

今回の動画が少しでも勉強になった・役に立ったと思っていただけた方は、是非チャンネル登録・高評価をよろしくお願いします。

 

それから、今週、初めてYouTubeでライブ…トレードのライブ配信をさせてもらいました。

今後もちょくちょくこういったことをやっていきたいなと思っていますので、是非その際には参加してください。

あれ、チャットっていう機能があって、僕にリアルタイムで質問とか…意見がある人ってあまりいないかもしれないんですけど、何か僕に言いたいことがあれば、その時にリアルタイムで僕に送ることが出来る機能があって、結構面白いですよね。

そういったこともちょくちょくやっていきますので、是非そっちにも参加して、出来ればチャットの方に沢山メッセージをいただけるとライブも盛り上がると思いますので、そんな感じで参加していただけると嬉しいです。

 

ということで、今回は以上になります。

それでは皆さん、ごきげんよう。